ユーチューバーの不祥事、炎上まとめランキング!あの大物Youtuberから小学生まで!?

【5位】生放送でオイルマッチ火事事件

この事件は本当の意味で炎上してしまいましたね。

この事件が起きたのが2015年10月4日のこと。
もう2年以上前のことになりますね。

この一件は2015年にネット上で一番視聴されたと言っても
過言ではない出来事だと思います。

さっそくですが、この事件のそのままの動画を載せておきます。

動画も見てもらえれば事の一部始終がわかると思いますが
一連の流れをこちらでも説明させていただきます。

まずニコニコ生放送の生主で、生放送していました。

そして、事の発端のオイルマッチを見せびらかすように
いじっていました。

オイルマッチをいじり終わり、火をつけようとし
火をつけたらオイルを付けすぎたのか、オイルマッチが発火

そのオイルマッチを対処しようとして、逆手に持っていた
マッチのようなものを

「オイルが付いたティッシュがたくさん入っているゴミ箱に投下」

もうこれだけでヤバいことになるのが想像できますよね。

オイルマッチを対処しているその背後ではゴミ箱が炎上

それに気がついて、ほんの少しの水だけかけて部屋の隅へ移動させました。

その火を消そうとダンボールを被せ、水を持ってくるために少し放置。
その放置した30秒ほどで火は天井に到達するくらい大きなものに。。。

さあ、水を持ってきた!と思ったらお風呂場にある桶のようなのみ。

もちろんそんなもので消えるはずなく、次は布団で叩いて叩いて。。。

もしこの布団に水を染み込ませていたら鎮火できたかもしれないのに。

もちろん叩いて消えることなく、何を血迷ったのか
また水を持ってくるためにその布団を火の上に放置!
この布団がまた燃料になり、更に炎上。

それからまた学ぶことなく、お風呂の桶サイズの水で鎮火を試みます。

家族と思わしき人も同じように鎮火を試みましたが
時すでに遅し。。。

それからこの動画では煙が部屋全体に広がり
この家の住人も大事なものだけ持って避難したのかと思います。

これがこの火事事件の一連の流れになります。

この事件は新聞にも掲載され、すごく有名なものになりました。

最終的にこのような状況に。

この家の住人はやけど程度の怪我で済んだそう。
それだけがまだ良かったと言える部分でしょうか。

もしこの方に火事に対する対処、消化に対する知識があり
冷静になれる人だったのであればこうなることはなかったでしょう。

ただ、実際に火事が起こった場合冷静になるのは難しいと思います。

これを見た皆様は消化に対する知識というのを持ち
火事だからこそ冷静になるというのを忘れないようにしましょう。

これは他人事ではなく、誰しも起こる可能性があることですので。

スポンサードリンク


【4位】マックスむらいiPhoneケースまるパクリ事件

一時期低迷をし、また活気を取り戻してきたマックスむらいさん。

過去にiPhoneケースを他のメーカーのデザインをまるパクリ
するという事件を起こしています。

人気が下がってきて、焦ったのでしょうか。
商売上手のマックスむらいらしからぬミスですよね。

この事件が起きたのが2016年12月19日のこと。
もう約1年前になるんですね。

この日に

「みんなの意見を合わせた最高のiPhoneケース作ります!これが2016年の集大成だ!」

という動画が投稿されました。

※今ではこの動画は削除されています

この動画に出てくるiPhoneケースがトーモという会社のRAKUNIブランドと
ほとんどデザインが似ているということで、Facebookで
トーモ代表の東智美さんが実際に訴えています。

【号泣】さっき、Max村井さんのAppBank動画を見て、「みんなの意見を合わせた最高のiPhoneケース作ります!」という動画の新規デザイン案が、RAKUNIもろパクリで、腰を抜かしました。もちろん、動画ではひとこともRAKUNIに触れて…

東 智美さんの投稿 2016年12月19日(月)

そしてRAKUNIブランドの公式Twitterでもこのように発言され
ものすごく拡散されています。

「まさかのAppBankさんにデザインパクられ腰を抜かしてます。」

結構大胆に発言したなーと個人的に思いました。

実際にマックスむらいさんにクレームも入れたが
返答なしで動画も削除されたとのこと。。。

さすがにこれに関してはAppBankという会社として
失格でもありますし、無言で認めたといっても過言じゃないですよね。

実際にどうしてこのような状況になったのかまとめてみました。

AppBankとRAKUNIは相性が良く、好評だったため
AppBank版のRAKUNIデザインを販売する予定だったんです。

そのため、RAKUNIのデザインデータをAppBankに渡して
サンプル品まで仕上がっていたそう。

順調にいけば、このままAppBank版のRAKUNIを販売して
互いに良い関係を続けられたはずだった。。。

それが何を血迷ったのか、

「全くのオリジナルデザインです!これが2016年の集大成だ!」

と言い張って販売しようとしたのです。

はたから見たら本当にぶっ飛んでますよね。

そしてそれを指摘され動画を削除。
クレームには返答なし。

これがクレームまでの流れになります。

それから2016年12月20日にYoutubeの生配信で謝罪

それがこちらの動画

動画の内容はトーモ代表の東智美さんが質問をし
マックスむらいさんと代表取締役の宮下さんが説明と謝罪をするもの。

これによって、AppBankがこの一連の騒動を認め収まったそう。

今回の炎上が収まったとしても、一度信用を失うと
その信用を取り戻すというのはすごく難しいことです。

トーモだけでなく、様々な会社がAppBankと共に
仕事をするということはかなり減ったのかなと思います。

信用あってこそ成り立つものだと思うので
今後また信用を取り戻すように経営してもらえたらなと思います。

PAGE 1 PAGE 2 PAGE 3 PAGE 4

スポンサーリンク
実況者336×280
実況者336×280
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です