ユーチューバーの不祥事、炎上まとめランキング!あの大物Youtuberから小学生まで!?

Youtuberといえば、現代社会ですごく人気な職業として
将来なりたい職業TOP5に入るほどの人気があります。

また現在のYoutuberも芸能人くらいの知名度があり
その人気は計り知れないものがあります。

最近では芸能人、アイドルなどがYoutuberデビュー
したりと、勢いは止まることを知りません。

そんな中、Youtuberの中でいわゆる”炎上”
というのが多々起きています。

皆さんが知っているYoutuberも炎上を起こした
なんてこともきっとあるでしょう。

ということで今回は今までYoutubeなどで起きた炎上をまとめ
完全個人的な主観でランキング形式にして紹介しようと思います。

スポンサードリンク


【7位】水溜りボンド、ノートをレンジで温め事件

Youtubeで凄くノリに乗っている水溜りボンドさん。

普段全く炎上しなさそうなこのお二方。
意外にも過去炎上しています。

正直この件についてはもちろん水溜りボンドさんも悪いですが
関係者のほうも悪いと個人的に思っています。

事の発端は水溜りボンドさんが投稿した一つの動画。

その題名が「電子レンジでノートをチンしたら文字全部消えて無限に使える」

というものです。

Youtubeというのはたくさんの子供達が見ていて
水溜りボンドさんなんかは小中学生の視聴者が多いのかなと思います。

そして案の定視聴者の子供が真似をしてしまいました。

動画では「字が消えた!」という結末で終わったらしいのですが
実際に子供がやったときにはノートが黒焦げになり、煙が上がったそう。

その家の親は外出中で、家にいた祖母が何とか対処をしてくれ
大事にはならなかったそう。

実際に黒焦げになったノートがこちら

本当に黒焦げですよね。火事になる前に対処してよかったです。

実際に何に問題があったのかと言うと、以下の点に問題があったようです。

・レンジでノートを温める際の危険を言わなかった

・子供が一人でやることも想定されるので、保護者同伴などの注意喚起がなかった

・レンジでノートを温めること自体異例なことで動画にする内容ではない

などに問題があったようです。

とりあえず無責任な注意喚起も何もない動画を投稿するな
って話になり、炎上してしまったわけですね。

これに関して視聴者がたくさん意見していました。

「水溜りが全く悪くないとは言い切れない、注意喚起はやはり必要」

「今回の件はどっちも悪いんだよ」

などある中

「水溜りは悪くない!真似するほうが悪い!」

「どう考えても親の教育不足」

という意見もありました。

個人的に水溜りボンドさんのファンが擁護してるのが多いかなと思いました。

私の意見としては、最初に言った
「水溜りボンドさんも悪いですが、関係者のほうも悪いと個人的に思っています。」

水溜りボンドさんは注意喚起ゼロで視聴者の子供達のことを
配慮しなかったのがダメだった点。

関係者は子供の環境を自由にしていた点。

どういうことかと言いますと、子供がYoutubeで動画を見て単独で
今回のことを実行したというのが見て取れます。

レンジでノートを温める危険性も分からないくらいの歳の子に
自由に制限なしにネットをさせる環境がダメだと思います。

実際に子供が一人でネットサーフィンなどして、様々なことに巻き込まれなどありますし。

なので今回の件はお互いに問題があると思いました。

ただ今回の一件でお互いにためになったのかなと思いますし
大事に至らなかったというだけでもよかったのかなと思います。

スポンサードリンク


【6位】HIKAKIN画像無断使用炎上

Youtube界のカリスマHIKAKINさんも実は炎上したことがあります。

普段子供向けの動画が多く、本人も炎上するようなものは
やらないように慎重に動画を作っていると思うのですが
そんな人でも些細なきっかけで炎上してしまいます。

その問題の動画が投稿されたのが2015年2月28日

現在本人のチャンネルからその動画は削除されていますが
全く同じ動画を別の方が保存していたようで
現在Youtubeにその動画が残っています。

一時期Twitterですごく拡散されたドレスのことです。
もう2年以上経つのですね、まだ記憶にしっかり残っています。

炎上のきっかけは、このドレスの画像をヒカキンさんが無断で使用

そしてこの動画を視聴したこのドレスの画像を作成した人と言いますか。

その方が大激怒。。。

おそらくTwitterですごく拡散されていて、
「これはいいネタだ!」と思ったヒカキンさんはTwitterで適当に
拾った画像だからと無断転載など気にしなかったのでしょう。

そしてこの画像の持ち主からTwitterにてヒカキンさんへリプライを。

「私が問題視しているのは「営利目的での」「無許可での」「出典を明記しない」使用です」

もちろんヒカキンさんはその場で謝罪をしました。
後にTwitterのDMでも謝罪をし、おそらく解決したと思われます。

結果的にヒカキンさんは問題の動画を削除。
これでこの一連の騒動は収まったといった感じです。

その他にも画像の持ち主からの主張はたくさんありましたが省略しました。

どんなところでも動画のネタのアンテナを張るというのは素晴らしい
ことですが、著作権など細かいことにも気をつけないといけないと
いうのが今回の騒動でためになったのかなと思います。

ヒカキンさん自身UUUMの会社執行役員という立場もありますし
他のYoutuberのお手本となる存在なのでこれからも頑張ってください!

PAGE 1 PAGE 2 PAGE 3 PAGE 4

スポンサーリンク
実況者336×280
実況者336×280
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

  1. 株式会社MuscleMedia より:

    株式会社MuscleMedia(マッスルメディア)と申します。

    この度は、まったく新しい広告収益最大化サービス「Adsplash」のご案内にてご連絡させていただきました。

    これまでのASPでは、アフィリエイトが主流でした。
    アフィリエイトは獲得成果が上がらない限り報酬が発生する事はありません。
    毎日ASPのレポートを見て、「クリック(CL)は出ているけど獲得が全く上がらないなぁ」と嘆く事もありました。

    ですが、「Adsplash」はCLが発生するだけで報酬になります。
    獲得成果はゼロでもCLされれば成果として認められるのです。

    ただ、すごいのはこれだけではありません。
    なんと、imp保証という報酬形式もご用意させていただきました。
    impとは広告が表示された時の単位を意味します。
    という事は、そうです。広告が表示されるだけで報酬になるのです。
    たとえ広告がCLされなくてもです。

    imp保証広告の素晴らしい点は、他にもあります。
    広告が表示されればいいので、今ご掲載中の広告を外す必要がないのです。
    空いているスペースに広告を追加するだけでいいのです。
    ということは、いまの売上に上積みする形になるので収益は今よりも必ず増えるという事です。

    また、「Adsplash」では高単価全承認のアフィリエイトメニューもご用意しておりますので、CL保証広告、imp保証広告、アフィリエイト広告を使い分ける事で収益を最大化する事ができるのです。
    広告の運用につきましても、弊社にて万全のサポートをさせていただきますので「売上が伸びない・・・」とお一人で悩む事もありません。

    まずはお試しという形でも構いません!
    とりあえず貼ってみる。だけでも結構です。
    こちらのメールにご返信いただければ、直ぐにお客様のアカウントを作成しまして広告掲載用のタグを発行させていただきますのでぜひご返信ください。
    ご返信の際には、「興味ある」「お試し」など、一言でご返信いただくだけでけっこうです。
    ご返信おまちしております。

    勿論、ご自身で「Adsplash」へご登録いただくことも可能です。

    以下のURLから「Adsplash」へご登録いただけます。
    https://ad-splash.jp

    「Adsplash」はすぐに広告掲載を開始できます。
    まずはメディアオーナー様のご登録をお願いいたします。
    メディアオーナー様のご登録後直ぐにアカウントにログインできます。
    ログイン後、メディアのご登録をお願い致します。
    メディアのご登録をいただきましたら24時間(※1営業日)以内にご連絡をさせていただきます。

    「Adsplash」とご提携いただき、今までにない収益の最大化を達成しましょう!
    突然のご連絡にて大変恐縮ではございますが、何卒宜しくお願い申し上げます。

    ================================================
    株式会社Muscle Media(マッスルメディア)
    [HP]http://musclemedia.jp

    〒810-0041
    福岡県福岡市中央区大名2丁目4-30 西鉄赤坂ビル4階
    電話 092-726-1227 FAX 092-726-1228
    ================================================

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です